2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
甲虫装機考察

今回は最近最も警戒されているアーキタイプ、【インゼクター】について考察したいと思います。普通にキルパターンの流れなどを書いては味気無い内容で終わってしまいそうなので少し斜めの角度から考察したいと思います。


【インゼクター】は一旦回り出したらカードアドバンテージ、場の制圧、後続の確保、ワンキル要素等手がつけられなくなります。

そしてご存知の通り《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》の攻撃力、守備力がかなり厄介です。

《奈落の落とし穴》をセットした時に限って《甲虫装機 ダンセル》に破壊され、《連鎖除外》をセットした時に限って《甲虫装機 センチピード》に破壊された経験は皆さん沢山あるんじゃないかなと思います。自分も頭がおかしくなる程あります(笑)

非常にやりにくいデッキですよね。

今となっては使用者が著しく増え、トップメタにまで昇り詰めて来ましたので相手側もしっかりと妨害して来ます。故に仕掛けに行くタイミングはかなり重要です。


1.仕掛け

仕掛けに行くその点で鍵になるカードが2つあります

・甲虫装機 ホーネット

《甲虫装機 ホーネット》はかなり優秀で、自信の効果で《甲虫装機 ホーネット》を装備できます。

《甲虫装機 ダンセル》か《甲虫装機 センチピード》とこのカードが手札にある場合、逢えて先に《甲虫装機 ホーネット》を出して《神の警告》等を踏ませ、次ターンに本命を出す事も場合によっては有効です。(勿論連鎖除外を見据えた上ですが)
相手側からすればインゼクターの見えないハンドリソースは一枚一枚が脅威でしかなく、たとえ墓地に《甲虫装機 ホーネット》が存在していなくとも、ハンドにもう一枚所持している可能性も考慮しなければならないので相手側はそれを軽視出来ません。

《ダスト・シュート》を打たれた場合はほぼ成立しないので今期は《大嵐》の復帰、溜め込みの【TG代行天使】、見えないリソースを脅威とさせる【インゼクター】等の関係も合間ってプレイング構築所では覆せない程のパワーカードになっていますね。個人的には禁止で良いと思います


後は《クリッター》の存在。これを戦闘アドが発生するカード(ジュラック・グアイバ等)以外で破壊してしまってはゲームの主導権を容易に握られてしまう可能性が非常に高いので壁として《甲虫装機 ホーネット》や《甲虫装機 ダンセル》を出し、エクシーズへのアクセス、《神の警告》等を避ける方法、反転から《エフェクト・ヴェーラー》を1枚誘い出し、そして本命を召喚する様な選択肢もあります。


・BFー精鋭のゼピュロス

これは既にご存知かと思いますので省略します


2.下準備

ハンドが思わしくない場合下準備が必要となります

・終末の騎士

1400打点はやや頼りない部分がありますが、あらゆるカードを墓地に送り様々なゲームメイクが出来る点で非常に優秀です。単純に《甲虫装機 ホーネット》を落とす場合もありますがそうではない局面も多々あります。

選択肢としては《BFー精鋭のゼピュロス》《クリッター》《甲虫装機 ダンセル》等が上げられます。
最近は《リビングデッドの呼び声》+《リミット・リバース》採用型も見られますのでそれらを有効に活かせます。

《甲虫装機 ホーネット》が墓地か手札に既に存在している場合、《甲虫装機 ダンセル》を落とし《リミット・リバース》からの展開パターンや《クリッター》を落とし《リミット・リバース》を相手のエンドフェイズに発動し、ビートダウンに移行したり次ターン守備表示にし自壊させ状況に合わせたカードをサーチ出来ます。


・ランク4エクシーズ

《終末の騎士》で《BFー精鋭のゼピュロス》を落とすと最終的に一枚でランク4のエクシーズが出せます。《終末の騎士》の再効果で《甲虫装機 ホーネット》を落とし《ラヴァルバルチェイン》を展開、効果により《甲虫装機 ダンセル》をデッキトップに置き、ハンドが思わしくない場合でも《終末の騎士》一枚のみで下準備完了となります。


・墓地肥やし

これは単純に【墓地BF】の感覚と少し似ています

《カードガンナー》やライトロード系モンスターで墓地を肥やし、《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》《甲虫装機 ホーネット》《BFー精鋭のゼピュロス》《ネクロ・ガードナー》《クリッター》《終末の騎士》等を墓地に送る事により様々な展開パターンやゲームメイクが可能となります。


3、召喚潰しと効果チェーンの関係・除外>場に残る>破壊

・召喚潰し

《奈落の落とし穴》→センチピードのみ+除外

《連鎖除外》→ダンセル、ホーネットのみ+除外

《神の警告》→全てに対応+破壊+2000コスト

《落とし穴》→ダンセル、センチピードのみ+破壊+通常召喚のみ

《混沌の落とし穴》→全てに対応+除外+2000コスト

《神の宣告》→全てに対応+破壊+ライフ半分

《激流葬》→全てに対応+破壊


こう見ると一見「噛み合えば」問題無い様に見えますが、召喚潰しだけでは【インゼクター】最大の強みが生きてしまいます。

それは、
『こちらの場に貴重なリソース又は召喚反応系の罠がある場合、墓地に《甲虫装機 ホーネット》の有無を関わらずに《甲虫装機 ダンセル》や《甲虫装機 センチピード》等に対し使わざるおえない』
という点。

万が一《甲虫装機 ホーネット》がハンドに存在した場合には召喚反応系の罠を問答無用で破壊されてしまい一方的にカードアドバンテージを取られて劣勢になってしまうという点で完全にインゼクター側が主導権を握っている状態です。故に召喚潰しは他に妨害が無い場合は相手に合わせ躊躇無く使用するしかありません。

これはインゼクター側のリスクと相手側のリスクとの差が半分崩壊しているとも言えます。

つまり召喚潰しだけでは【インゼクター】が有利の立場である事に変わりありません。故にこの何とも言い難い構図を打破する為に、場に出来る限りカードをおかないプランやアドバンテージを失わない様な戦い方が求められます。しかしそれだけでは勿論対策として不十分ですので効果にチェーンし止められるカードが必然的に注目されます。


・効果にチェーンで止めらるカード

《デモンズ・チェーン》→場に残る


《サンダー・ブレイク》→破壊+コスト必要


《鳳翼の爆風》→デッキトップ+コスト必要


《月の書》→裏守備


《エフェクト・ヴェーラー》→場に残る


《デュアルスパーク》→破壊


《ヒーローブラスト》→破壊


《禁じられた聖杯》→場に残る


《ふるい落とし》→破壊


《因果切断》→除外+コスト必要


ハンドに《甲虫装機 ダンセル》《甲虫装機 センチピード》が嵩張り尚且つ《甲虫装機 ホーネット》が無い状態でも罠潰しの為1ターンのタイムラグを埋めて強気に召喚して来る場合もあります。妨害カードが《神の警告》しか無い場合は使うしか無いので、やはり効果にチェーン出来るカードは非常に優秀です。


・除外>場に残る>破壊の構図

【インゼクター】の最強カードは《死者蘇生》。それを補う形で《リビングデッドの呼び声》や《リミット・リバース》等があります

※例1
こちら場に《神の警告》+モンスター、相手手札に《甲虫装機 ダンセル》のみ墓地に《甲虫装機 ホーネット》のみ場に《リミット・リバース》セット済み
ダンセル通常召喚に《神の警告》発動、処理後《リミット・リバース》で対象ダンセル効果まで。

負けパターンですね。

※例2
こちらハンドに《エフェクト・ヴェーラー》+場にモンスター、相手手札に《甲虫装機 ダンセル》のみ墓地に《甲虫装機 ホーネット》のみ、場に《リミット・リバース》セット済み
ダンセル通常召喚効果に《エフェクト・ヴェーラ》発動、まで。

現時点ではまだ踏ん張れます


上記の例により『除外>場に残る>破壊』という構図が成立します。(《虚空海竜リヴァイエール》の絡みは別としてですが)


・デモンズ・チェーン

最近《デモンズ・チェーン》がかなり見直されています。【カラクリ】が良い例ですね。メインの《デモンズ・チェーン》《ナチュルランドオルス》そしてサイドの《マクロコスモス》を併用し環境に合わせ対抗しています。

《エフェクト・ヴェーラ》や《禁じられた聖杯》と違い「戦闘出来ない」「破壊されない限り次ターンも永続的に効果を使用出来ない」というメリットがあります。インゼクーは1ターン生き残れば勝ちに等しい動きが可能ですので「戦闘出来ない」メリットは大変強力だと思います。そしてそのままインゼクターが残る点も評価出来ます。


しかしながらデメリットも相応にあります。
チェーン《サイクロン》で破壊されるという点、除去ではない為ビートダウンにおいてややスローダウンする点、エクシーズやシンクロに利用されてしまう点。

そう考えるとやはり万能ではありません。
が、一方的にアドバンテージを発生させるメタカードが《暗闇を包むマジックミラー》《マクロコスモス》等永続罠しかほぼ存在しない【インゼクター】にとっては有効な一枚です。

・月の書

これはエクシーズ不可もつきますのでかなり万能ですね。個人的には準制限に期待。

・因果切断

これも効果にチェーンが出来て且つ除外という素晴らしいカードなのですが如何せんコストが必要な点、限定的な面がデメリットです。

コストさえ無視すれば対インゼクターの優秀なフリーチェーンと言えます。


4.その他メタカード

・《マクロコスモス》
暗闇ミラーよりも墓地を肥やさせないという点で最強のメタカードだと思います

・《暗闇を包むマジックミラー》

墓地は肥やさせてしまいますがこれも非常に強力です。自分のデッキが墓地に干渉する場合は《マクロコスモス》はアンチシナジーなのでこちらを

・《禁止令》ホーネット指定

バックを守りきれる特定のデッキ限定ですが様々な用途があり腐り難い事が評価出来ます

・《スキルドレイン》

効果無効は大変強力ですが使えるデッキが限定されてしまう所が課題です

・《ナチュル・ランドオルス》

魔法を数枚所持していれば勝ちですね

・《ネクロバレー》

ハンドからのホーネット装備が辛いですが【スキドレ墓守】として使用すればメタりきれそうです

・《転生の予言》

これも大変強く蘇生系にチェーンする事によりダンセルorセンチ+ホーネットを纏めてデッキに送れます

・《連鎖除外》

《カードガンナー》《クリッター》の再利用も抑止出来る点は非常に評価出来ます

・《エネミー・コントローラー》

状況は限定的で主にミラーマッチで使用しますがダンセル効果対象ホーネット、ホーネット破壊効果にチェーンで打つとこちらの場にセンチピードが立ちます。
センチピード効果対象ホーネット破壊効果にチェーンするとこちらがダンセルを回収出来ます。
奈落や連除にチェーンしたり、ヴェーラー等を使わせた上で相手のインゼクターを奪えます。二枚目の《精神操作》という立ち位置でしょうか。

・《精神操作》

省略します。

・《D・Dクロウ》

蘇生系が最低3枚以上は投入されていますので検討に値するカードです。
最近はHERO系などもちらほら見かけますので《E・HEROーアナザーネオス》を除外出来ますね。

・《死霊騎士デスカリバーナイト》

単純に1:1交換になりますが《カード・ガンナー》が厄介ですので《マクロコスモス》と併用する【次元ラギア】や【暗黒界】に投入すると有効だと思います。

・《魔のデッキ破壊ウイルス》

強力な効果なのですがやはりコストが課題でありスムーズに採用出来るデッキが少ないのが難点です。


大雑把に書くとこんな所だと思います。それぞれ状況により一長一短な部分もありますがその辺りは省きます。




ミラーマッチでのビートダウンとカードアドバンテージの関係、各デッキの相性等まだまだ書き足りないのですが、投稿字数が限界の10000字を越えそうなので時間があるときに続きを書きたいと思います。

長々とお付き合い頂き有り難うございました。

スポンサーサイト


( 2012.01.22 ) ( 考察 ) ( COMMENT:5 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

とても参考になりました。

ダンセル、センチピードの効果発動に対してヴェーラー、デモチェ等を発動する場合に効果の処理後に発動するのはどうなんですか?

( by : ロキ * URL ) ( 02/01 - 09:45 ) ( 編集 )

ネクロバレーは確か墓地のカードを対象にする効果しか無効にできないので対象を取らない甲虫装機の効果はネクロバレー下でも甲虫装機は装備できる筈です

後、やはりメインから無理なく甲虫装機をメタれて
増殖するGにもある程度強い暗黒界が流行ってきましたね
流石の環境読みです

( by : wind * URL ) ( 01/24 - 16:13 ) ( 編集 )

参考になりました。
しかし正直今のとこ、このデッキパワーのインゼクターとやっていく気力がないです(笑)

あとダンセルをエネコンで奪う場合、どちらが効果を発動するかは調整中では?

( by : たたみ * URL ) ( 01/23 - 14:50 ) ( 編集 )

リミリバあるならヴェーラー打っても自爆から蘇生されてしまいますね。あとエネコンの裁定は調整中だったと思います。

( by : 名無し * URL ) ( 01/23 - 09:59 ) ( 編集 )

とても参考になりました

ありがとうございます

( by : あ * URL ) ( 01/22 - 22:14 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。