2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.05.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
【死霊ジュラックヒーロー】

【死霊ジュラックヒーロー】

[デッキ枚数40枚]

[モンスター11枚]
1《E・HEROエアーマン》
3《E・HEROアナザーネオス》
3《ジュラック・グアイバ》
2《ライオウ》
2《魂を削る死霊》

[魔法19枚]
1《増援》
2《E―エマー・ジェンシー・コール》
1《死者蘇生》
2《ミラクル・フュージョン》
2《サイクロン》
1《大嵐》
1《ブラック・ホール》
3《強欲で謙虚な壷》
3《デュアルスパーク》
2《超融合》
1《月の書》

[罠10枚]
2《ヒーロー・ブラスト》
2《奈落の落とし穴》
1《激流葬》
1《聖なるバリアーミラーフォース》
2《神の警告》
1《神の宣告》
1《ダスト・シュート》



ジュラックヒーローです。

普通の【ジュラックヒーロー】は普遍的なので少し捻った感じの方を上げます


いきなり大量展開されると厳しいので打開策として《ブラック・ホール》《聖なるバリアーミラーフォース》《激流葬》《魂を削る霊》等を採用しなるべく丸く構築しています。

《超融合》は状況的に腐ったカードの処理、魔法の多さから弱点である《ナチュル・ビースト》又は《真六武衆ーシエン》を吸収可能。

TG系やリクルーター系含む下級モンスター群には《ジュラック・グアイバ》からのエクシーズで《エヴォルカイザー・ラギア》からのロック、上級モンスター相手には《E・HEROノヴァマスター》からの1ドロー、それらを嫌って溜め込む相手には《魂を削る死霊》からの1ハンデス、そして《デュアルスパーク》《ヒーローブラスト》等幅広くアドバンテージを確保出来る部分が魅力です。

速攻魔法のフリーチェーンが多い為、《トラップ・スタン》《王宮のお触れ》からの動きでも相手の展開を抑止出来る部分も評価出来ます。


【甲虫装機】や【TG代償ガジェ】辺りとはかなり相性が良いです。

サイドからでは無くメインからの《ライオウ》は【TG天使】【カラクリ】【代償TGガジェ】等には刺さるので採用していますが、こちらにも弊害を齎す危険性がありますので2枚まで採用数を減らしています。

スポンサーサイト


( 2011.12.03 ) ( デッキ ) ( COMMENT:1 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

この構築だと禁じられた聖槍が入っていてもおかしくないと思うのですが、なぜ不採用なんでしょうか?

( by : TAC * URL ) ( 12/03 - 09:22 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。