2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
TG代行天使の構築と穴

現環境一番多いデッキと言えばまず【TG代行天使】が上がります。


最近投入を見かけるカードはそれぞれ構築の意図があると思います。簡単に解説します。


・《サンダー・ブレイク》《鳳翼の爆風》

syelu-raigeki_break.jpg


理由は他にもありますがTG代行天使のこれらは1キル用のサポートを軸として投入されています。

多様なサーチを搭載し3枚でゲームを終らせられるデッキならではの効率的な選択と言えます

そして「万能除去」という点によりデッキの安定性を保とうと練られています。


・《TGーラッシュ・ライノ》《TG1ーEM1》《トラゴエディア》

syelu-tg_rush_rhino.jpg


こちらは逆にビートダウンをより意識して投入されています。

1キルよりもまず1回のダイレクト、1回の返しで以降2枚のカードでゲームを終わらせられる事にやや意識を傾けているとも言えます。

先程のカードとは違う部分、「カードアドバンテージ」の損失と利益を重視し安定性を保とうと練られています。




上記の様にTG代行天使にも構築のコンセプトが色々あり、ダメージを稼ぎ溜め込みながら返す事を主軸とするか、出来る限り溜め込みながら一撃で終わらせる事を主軸とするのかはたまた混合させるのか。



現環境でのデッキパワーは間違い無く【TG代行天使】がトップだと思います。

しかし安定性は環境トップでは無いと思っています。



以前からずっと引っかかっているのが、デッキにプレイングが介入出来ない構造上の欠陥が浮き彫りにされているという点。それが環境全体を通じて盲目的になっています。


環境で一番パワーが高いデッキとより安定して8ー0出来る可能性が高いデッキは同じ様で違うという事です。


考えは人それぞれ違いますが個人戦は安定に寄せ、チーム戦はパワーに寄せるのが合理的ではありますね。



この構造の欠陥部分を埋める事は本当に容易では無く、もしかすると正解が無いのかもしれません。何れにしろこれからも【TG代行天使】の形は変わって行くと思われます。

スポンサーサイト


( 2011.11.02 ) ( 考察 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

ニコニコ動画楽しみにしてますwww
コミュ参加しました
よろです!

( by : syeluのランドオロスいい匂いだ * URL ) ( 11/22 - 20:20 ) ( 編集 )

はじめまして、奏と申します。

自分は今「TG代行天使」に<盗賊の七つ道具>と<禁じられた聖槍>と<我が身を盾に>を採用しています。
理由としましては、相手の罠をかわして1キルに持っていきたいという単純な理由です。

この採用についてのsyeluさんのご意見を伺いたいです。もしお時間がありましたらご回答をお願い致します。

長文失礼致しました。



( by : 奏 * URL ) ( 11/03 - 20:19 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。