2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
【触れジャンクドッペル】

【触れジャンクドッペル】

[デッキ枚数40枚]

[モンスター26枚]
1《クリッター》
1《BFー精鋭のゼピュロス》
1《キラー・トマト》
2《ジャンク・シンクロン》
2《ドッペル・ウォリアー》
2《カード・ガンナー》
1《グローアップ・バルブ》
1《スポーア》
1《デブリ・ドラゴン》
1《ダンディライオン》
1《ライトロードハンター・ライコウ》
2《ライトロードマジシャン・ライラ》
3《エフェクト・ヴェーラー》
1《冥府の使者ゴーズ》
2《トラゴエディア》
2《カオス・ソーサラー》
1《カオス・ソルジャー開闢の使者》
1《ダーク・アームド・ドラゴン》

[魔法10枚]
1《光の援軍》
1《増援》
1《死者蘇生》
1《貪欲な壷》
1《おろかな埋葬》
1《ワン・フォー・ワン》
1《大嵐》
1《精神操作》
1《スケープ・ゴート》
1《月の書》

[罠4枚]
3《王宮のお触れ》
1《ダスト・シュート》



お触れ軸。罠を積んだ構築もありますが今回はこちらを。


以前より勝ちパターンがかなり減ってしまいました


そして現環境でバックが薄いデッキはかなり厳しい立ち位置にいます。


環境トップ付近のデッキには戦えますが相性の悪いデッキもたしかに存在し罠が流行り出した昨今、打開策の一つとして《王宮のお触れ》を採用しています。


ガジェットや代行者等を場に残したままターンを渡すと初っ端から辛い状況になりますのでなるべく単体で攻撃出来るモンスターを多く採用しています


メタ外としては強いと思いますが様々なデッキが存在している現環境ではたしかに辛い部分もあるかと思います。


どちらかと言えばチーム戦向きのデッキだと思いますが、しかし【暗黒界】が減って来るとするならば《エフェクト・ヴェーラ》が腐りにくくなり、
罠が大量に投入されているガジェ系
先攻の強みや要所の展開をヴェーラーにより緩和出来るカラクリ、ドラグニティ、六武
そしてメインから意識している天使系などに対して幅広くチャンスはありますね。

スポンサーサイト


( 2011.10.31 ) ( デッキ ) ( COMMENT:3 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

ジャンドにはスピードが足りなくていまきついですね;

( by : たば * URL ) ( 11/02 - 20:30 ) ( 編集 )

お初です

ロンファが入ってないのが少し気になりました

単体で代行などを殴れるモンなどを多くして入らなくなったんですか?

それともカード・ガンナーなどでバルブなどが落ちるから採用しなかったのでしょうか?

長文失礼しました

( by : もけもけ * URL ) ( 10/31 - 22:32 ) ( 編集 )

初コメントしますー
罠を積んだ構築になるとどういった構築に変わってくるんでしょうか?

( by : 悟史 * URL ) ( 10/31 - 22:04 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。