2009.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2009.10.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
対罠TG代行【触れTG代行天使】

【触れTG代行天使】


モンスター(25枚)
《トラゴエディア》×2
《冥府の使者ゴーズ》
《朱光の宣告者》
《創造の代行者 ヴィーナス》×3
《神秘の代行者 アース》×3
《神聖なる球体(ホーリーシャイン・ボール)》×3
《マスター・ヒュペリオン》3枚
《クリッター》
《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
《TG ワーウルフ》×3
《TG ストライカー》×3
《TG ラッシュ・ライノ》

魔法(10枚)
《大嵐》
《精神操作》
《ブラック・ホール》
《強制転移》
《死者蘇生》
《強欲で謙虚な壺》×3
《月の書》
《禁じられた聖槍》

罠(5枚)
《王宮のお触れ》×3
《激流葬》
《ダスト・シュート》




対【罠TG代行】を意識したメイン構築


《サンダー・ブレイク》はたまた《鳳翼の爆風》等から堅実にアドバンテージ+2を得、メインにまず見ない《サイクロン》を逆手に取ります。

サイドチェンジは更に相手を翻弄させる構成にして勝ちに繋げます。

対暗黒界にも《王宮のお触れ》は有効で《暗黒界の門》破壊は《マスター・ヒュペリオン》《TGワンダーマジシャン》が100%通りますのでカバー可能。

《血の代償》《スキルドレイン》《魔のデッキ破壊ウイルス》《闇のデッキ破壊ウイルス》等も見据え、メインから《次元の裂け目》を張られたとしてもこちらも《王宮のお触れ》からの効果破壊が望めます。


環境初期は罠を極限まで減らした【TG代行】が流行りましたがこれからは【罠TG代行】が流行ると推測しています。故にこの様な構築が生きてきます。


《激流葬》メインはサイドの兼ね合いを意識していますがこれは面白い部分で、相手が《王宮のお触れ》を破壊して来た時やお触れを見られた際に1:2交換が非常に取り易いカードです。

余談ですが《王宮のお触れ》はたしか2000~2001年のブースター5ぐらいで出たカードだったと思います。個人的には好きじゃないカードです(笑)

理由は何より逆に相手に安心感を与えてしまうデメリットが嫌なのですが【TG代行】のキルスピードは異常なまでに早いのでこの様な構築もありかと思います。


つまるところはメタゲーム次第ですね。

スポンサーサイト


( 2011.10.20 ) ( デッキ ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。