2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
構築や調整

自分が構築する点で個人的に重要視している事があります。それは「後攻」「劣勢時」の時です


将棋を例に出して申し訳無いですが、先手が有利なのは統計が出されてます。遊戯王は有利になる幅が将棋より非常に大きいです。他のTCGでは先攻はハンドが少なかったりなど囲碁のコミの様な処置を取り、なるべく有利不利が少ない様均衡を計ろうとルール調整が為されています。


遊戯王にはそれがないのが一番に不服な所です。せめて先攻は特殊召喚不可位のルール改訂をしても良いとは思います。


何時もながらすぐ話が反れそうになっていますが遊戯王は先攻にデメリットが存在せず明らかに有利な以上、先攻なら互いにそのゲームを落としてはなりません。


故に、毎ターン的確なプレイをして来る相手に「1戦目のこちら後攻でいかに崩せるか」「後攻専用のサイドチェンジ」が重要だと思っています。(プレイングに差は無い、互いにミス無し、双方共に構築も理に適っている事を前提とした場合です)


もし1戦目含め初めからこちらの先攻が全試合確定していれば単純に「最も効率的かつ効果的で凡庸性が高い」カードを採用した構築をすれば良い訳です。

しかし実際は不確定で、選考会は32分の1の確率を引いてしまい全試合後攻でした。

先攻が有利なカードゲームである以上、自分が先攻を取った時「最も効率的かつ効果的ではない」カードだと解って採用しているものも場合によっては考えられます。

有利な状態を更に有利にするより不利な状態を有利にする事、つまり後攻や劣勢時を見越しているからです。


先攻なら「最も効率的かつ効果的ではない」カードが入っていたとしても、

「最も効率的かつ効果的ではない」カードにより先攻で負ける可能性<後攻、劣勢時の時崩せる可能性

の方が遥かに重要であると思っているからです。


初期段階であるデッキパワーの確認、各デッキとのメイン相性やサイドチェンジ後の相性、環境メタなどを確認し終えある程度煮詰めた後の調整マッチは基本後攻でやっています。

理不尽に負け捩伏せられるゲームも当然の様に沢山あります。だからと言って最終段階の調整マッチであえて先攻取りたいとは先にも後にも恐らく一生思いません。陳腐なプライドや意地というかその場で相手に勝ち越す為に調整している訳ではありませんので。

調整中の勝ちは「確認」以外は何も生産されませんし、最悪実際は違うのにも関わらず「構築が最善だ」と勘違いしてしまう危険性さえもあります。


自分は極端に言えば負ける為に調整します。より慎重により正解の構築に近づける可能性が0.1%でも高くなるからです。


一人二役回しとか良くやってますが、相手100%先攻、相手だけは事故無しの初手(調整段階で事故ハンドの相手と対戦する事は時間の無駄です)、こちらのハンドやデッキ内容をほぼ読まれている前提、激流辺りは絶対踏まない、サイドインアウトの把握、手札見られてる様な(実際自分対自分なので見てますが)一番嫌な動きをしますので目茶苦茶勝率悪いです;心が折れる位ボコボコです(笑)


それでも尚そのマゾゲーで5割取れるならサイドチェンジやメイン構築に空きが少なく、実戦ではかなりの余裕と高い勝率を弾き出せます。



これはあくまでも自分の考えなので違う考えの方もいますしどれが正解か、という話ではありません。


ただこの様な考えに乗っ取った構築や調整法もあるんだな、と何かの糧にして自分が納得する構築ややり方に辿り付いて頂ければと思います。

【ジャンド】にしろ【TG】【代行天使】【六武衆】【BF】にしろ様々な方のレシピを見ると構築が多種他用で、「この人はこういう部分を持って構築しているのか」「こういうプレイングをする傾向にあるのか」「恐らくこのカードまでサイドアウトするのか」と色々な点で刺激を貰い、見てるだけでも様々なインスピレーションを受け楽しいです。


簡単に言えば臨機応変に使用出来る優秀なカードと限定的ですがアドバンテージを齎してくれる可能性があるカードがあり、しかしそれはリスキーな部分も持ち合わせているとします。ですが決まった時は先攻後攻を覆せるかの様なカードは沢山あります。

そちらを優先して採用している方は、ただそれだけで一概に決め付ける訳ではありませんが後攻又は劣勢時を見越している部分もあるのかと思います。

強い相手は勿論こちらが後攻では容易に勝たせてくれませんからね。


長くなりましたが、構築の傾向は本当に様々です。


現在は日本の方のレシピよりは外国の方のレシピを良く見ていますが、日本とはまた考え方が多少違い非常に参考になり面白いです。

日本で最近要約増えて来た【TG】やサイドカードの《すっぱ抜き》辺りは実際日本より外国で先に使われてましたしね。情報は重要です。

スポンサーサイト


( 2011.08.08 ) ( 考察 ) ( COMMENT:3 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

日記読ませて頂きました。
内容には同感です。

遊戯王はベースが単純なゲームな上ルールで対応していく必要があると思いました。

先攻の初手ドロー無しや特殊召喚無しでもいいんじゃないかなと思っていました(汗)

9月改訂
でまたどう変わるか楽しみですが、怖いです。

長文失礼します。

( by : sky * URL ) ( 08/18 - 16:26 ) ( 編集 )

自分はこの日記に対して共感出来る部分が沢山ありました。

すごく良い記事だなと思います(^^)

( by : こうえ * URL ) ( 08/09 - 23:30 ) ( 編集 )

コメント失礼します。大変参考なった記事でした、流石です。
海外の人たちのレシピ、私も見て勉強したいのですがどこか掲載されているお勧めのサイトとかありましたらぜひ教えて頂きたいです。

( by : マグナ * URL ) ( 08/08 - 04:29 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。