2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
コメント返信 5

> デブリさん

SDの内容はかなり良いですよね。天使も強いですし文句なしです。


> マハロさん

ライトロードにライオウは厳しいかと思います。

理由は構築上守りきれる伏せが少ない事と召喚権の問題です。どうしても投入したいのであれば2枚が現実的ですがそれ以上に優先して入れたいカードがあります。

ライトロードは墓地を肥やす事に召喚権を酷使する見えない縛りが存在していると考えています。


> ひぽひでさん

そうです。

2戦目以降はシエンに頼りきらずに戦いますので警告、幽閉、ドッペル等で慎重にアドバンテージを稼いでいくかキザンや師範等でビートダウンして行きますます。

対BFのサイドチェンジ後に関しては、ぶん回し以外のシエン召喚は結果なのであってあくまでもその過程が生死を分けています。


加えてBFのパペットプラントはダンディに比べ脅威ではありません。
シエンを奪われた後にローズまで繋げるカードが基本4枚なのと、奪った後のシエンを消すカードが少ないのでダンディ系に比べパペットプラントのパワーが低いです。

六武が一番怖いのはやはりローズですからね。

それとアドバンテージの取り合いが重要であるBFとの2戦目以降では、こちらが動く時はリスク軽減の為門や結束を絡めて動く事が多いので、ある程度アドバンテージを得た上でのシエン展開である以上、パペットプラントを使われたからと言って必ず負ける、という訳ではありません。

そもそも有効なバックが無い場合はシエンを出さない選択が殆どです。


あくまでも幽閉、警告、サイドインカード、サイドアウトカード1枚1枚の構築バランスによりますが自分の場合は全抜きの構築に至りました。

月は万能性が高いカードですが、BFにアドバンテージを稼がせる隙を与えずに時間を稼ぐ構築を最重要に意識したので月よりは限定的ではありますが
「時間を稼ぐ=限定的なカードがより死に札となりにくい」
というコンセプト故の構築です。



> 織田サンタさん

有難うございます。説明不足な面も多々ありますが出来る限り更新していきます。



> もりそばさん

有難うございます。励みになります。
では後で追加させて頂きますね。

スポンサーサイト


( 2010.12.27 ) ( 返信 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

あけましておめでとうございますm(_ _)m
ありがとございます

( by : もりそば * URL ) ( 01/02 - 22:34 ) ( 編集 )

天使の考察楽しみにしています!!

( by : デブリ * URL ) ( 01/01 - 16:47 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。