2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
考察―六武の構造上の欠点

六武の構造上の欠点



真六武が発売されて数週間が経過しました。


六武は「先行ゲー」「壊れ」「運」「BFより弱い」等色々と聞きます。


様々な意見はありますが何故か?と少し堀下げて考察しようと思います。





過去のインフェルニティと比べると妨害されるカードが少なくシエン、門という強力なカードまでありデッキパワーで言えば近年稀に見る圧倒的な展開力にも関わらず、メタを意識したBFやダンディ系を封殺しきれず安定していません。その要因の根元の1つに、

「3枚のカードからアドバンテージを生成するギミック」

が上げられます。




昨今の環境トップ付近のデッキは2枚のカードからアドバンテージを生成します。
《ローン・ファイア・ブロッサム》+○、《おろかな埋葬》+《デブリ・ドラゴン》、《黒い旋風》+○等
そして《ダーク・アームド・ドラゴン》《異次元からの埋葬》《カオス・ソーサラー》《デブリ・ドラゴン》《BF―極北のブリザード》等単体でも強力な返しを多く持っています。


「3枚」というカード数は初手6枚ライフ8000という遊戯王において容易なリソース数とは到底言えず、退廷の1キルギミックが成立する枚数でもあり、たとえサーチが豊富であっても安定するものではありません。


そして3枚展開を途中で妨害された時の損失が何よりも深刻であり、ハンド-3という状態は2枚展開で妨害された時よりも立て直しが大変厳しく、次も基本的に3枚からのシナジーを狙う必要がある以上(この限りでは無いが)リカバリー出来る可能性が極端に低くなります。



最も解り易い3枚で例えますと[門カゲキ影武者]です。
これらのカードは2枚だけではアドバンテージを取る事としては機能せず(アドバンテージ面からシンクロ召喚を-1と捉えます)3枚場に出して門効果により初めてアドバンテージが保証される為、妨害されそれらを失った時点でアドバンテージを形成する為のリソースを揃える必要がある「溜め込む」点から見ると大幅に行動が制限されます。

img-syelu-keicoku.jpg




一旦妨害された時点での行動がほぼ1択化される為、プレイング的につまらないデッキとも言われますね。

使用者は痛感していると思いますが、数ターンで勝つ時もあれば数ターンで負ける時もある理由はこの「リカバリーの難関さ」が要因の1つに上げられます。




それ程までに3枚のリソースを有する展開は2枚のリソースを有する展開と比べハイリスクでありハイリターンでもあり、困難なのです。





その結果構造上の欠点を補う為にインフェルニティの様な場にカードを大量展開し1キル気味の戦術を取ることを強制されてしまっています。





また先程述べた様にBFではトップブリザード、ダンディではトップデブリ、過去で言えばインフェルの3分の1解決、裁き、猫の様なリソース0からの逆転の可能性は殆ど皆無で、あるとするならばどのデッキにも入っている《死者蘇生》位です。

遊戯王の「強いデッキ」ではその多くが当然の様に出来る「殲滅戦における単体パワーカードによるトップ解決」が出来ないのが真六武のデメリットであり、それはやはり単体でのカードパワーの低さと3枚のシナジーが必要である構造上の問題からだと言えるでしょう。



先攻が唯一3枚のカードを全く妨害される事無く安全に展開出来るので「先攻ゲー」と呼ばれる理由でもあります。






現在はカウンター系が投入されている形が多いですがそれは1キル気味な構築を特化させた形に過ぎず、構造の欠点を補う解答にはなっていないと思います。


チーム戦では例え敗北しても残り全勝すれば多少の妥協は許されます。
しかし六武を個人戦で全勝出来るデッキにする為にはその問題を何らかの形で解決、又は緩和出来る構築にするしか無いと思います。


自分も真六武に関しては試行錯誤中なので何とも言えませんが、即存の形を使ってもたしかに強いのですが個人では勝ちきれない事だけははっきりしています。




後は補足としてパペット・プラントの存在。

これを野放しにしておいては六武のアドバンテージを無視した唯一の強味であるシエンを奪われ、形勢が瞬時に逆転していまいます。

サイドや2戦目以降のプレイングも重要となります。





以上で終わりますが(結局書きたい事が全く書けていませんが)六武はこの構造上の欠点をカバー出来る構築がこれからの課題となると思います。

もし出来なければ単に「強いが安定性が低いデッキ」で終わり、出来れば間違い無く頭一つ抜けて環境トップでしょう。


それ程のポテンシャルは六武にあります。

スポンサーサイト


( 2010.12.01 ) ( 考察 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

六武衆やBFにライロで対抗したいのですがライオウはメインから入りますか?
また、入れるとしたら何枚ですか?

( by : マハロ * URL ) ( 12/02 - 23:48 ) ( 編集 )

なるほど!!

syeluさんの考察はいつも勉強になります。

( by : デブリ * URL ) ( 12/02 - 19:39 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。