2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.10.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
嵐禁止に伴う初動の変化と「可能性の削除」「選択式の削除」

■嵐禁止においての初動の動き


今までは嵐から守るカードが無ければ大量に伏るのを躊躇されていましたが嵐禁止によりそれが無くなりました


旋風で言えば初手旋風、奈落、ゴトバ、砂塵、ブラスト、ミラフォだとした場合、3枚以上は危険が伴った訳でしたが、嵐禁止により砂塵、ゴトバ、旋風、奈落あたりまで伏せても問題無いという事になります


その為、先攻が今までよりもアドバンテージ面だけでは無くテンポ面でもかなり有利になり、後攻はより崩しづらくなります



伏せが多くなるという事はダストは今までよりも弱くなるという事であり、その点に関してはとりあえず良いとは思います


しかし以前は嵐の警戒を前提にした上で相手は伏せるのに対し、これからは伏せがブラフなのか、攻撃反応系なのか、カウンター系なのかどうなのかが嵐禁止により大変読みづらくなり「可能性の削除」が出来なくなったので、その面だけで考えますと間接的にプレイングの簡易化にも繋がり、戦略が伴うゲームだけに少し残念です


(最も簡単な例で説明しますと、相手が初ターンから3伏せした場合1枚は嵐から守れるカードがあると読む事が以前は出来たが、それが不可能となる)


勿論伏せに奈落は無い、ミラフォは無いなどこちらの行動からの「選択式の削除」は以前同様可能です




■嵐禁止に伴い相対的に強くなるカード


・ハリケーン、寒波

説明不要だと思います


・砂塵の大竜巻

テンポが以前より崩されにくいので
「とりあえずエンド砂塵」
が相手の行動をそのまま抑制することに繋がり、以前より比較的容易に伏せでのテンポ維持が可能となる


・大災害

大嵐が無い分大量伏せが容易なので抑止力となりうる

しかし上記で述べたエンド砂塵で解決されてしまいます

相手1伏せエンド→こちら嵐伏せエンド→相手召喚攻撃後また1伏せエンド→こちら伏せ発動大嵐で2枚破壊

相手1伏せエンド→こちら災害伏せエンド→相手召喚攻撃→こちら災害発動→相手1伏せエンド

罠でかつ攻撃反応ですので嵐に比べると当然非常に使い勝手が悪いです



・裁き、ローズ等の全体除去モンスター

ローズは解除なのでデブリ、ブラックボンバー等1枚から7シンクロに繋がるカードは確実に以前より株が上がります


・スキルドレイン、マジックミラー等の効果無効カード

大量伏せにこのカードを絡める事で以前よりも強固なバックを形成出来ます

これらのカードは以前よりも伏せやすく、また以前よりも強力なメタカードとして活躍するかと思います


・永続カード全般

これが一番注意する点

ロック系カードなど永続系が全て格上げされているのと同義になります





まとめ


お触れが解除されましたが罠系全般がこれからどうなるか注目です


もしかしたら環境後半にコストありの嵐が出てサイクロンが制限にまた戻るのかもしれませんし、他に何か意図があるのかもしれません


嵐禁止はこれから様々な面で影響を及ぼすかと思います

スポンサーサイト


( 2010.08.19 ) ( 考察 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

>スパークさん

ハリケーンはデッキを選ぶ為少し微妙な感じもしますが、寒波、裁き、ローズ、ヒュンレイ、アキュリスと伏せを打開出来るカードが多いデッキにも注目ですね。

( by : syelu * URL ) ( 08/20 - 08:43 ) ( 編集 )

いつも本当に為になる文章です。
サイクロンの準制限でお触れも割れる確率があがりました。
おそらく環境初動は伏せが多くなるでしょうね。
いかに寒波ハリケーン以外でカウンターを使わせて、ハリケーンを通してライフを削れるのかが重要ではないかと自分は考えます。

( by : スパーク * URL ) ( 08/19 - 22:18 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。