2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
【カエル帝】

【カエル帝】

[デッキ枚数41枚]

[モンスター29枚]
3《炎帝テスタロス》
3《邪帝ガイウス》
2《風帝ライザー》
1《魂を削る死霊》
1《トラゴエディア》
1《冥府の使者ゴーズ》
3《鬼ガエル》
3《イレカエル》
2《黄泉ガエル》
3《魔知ガエル》
1《粋カエル》
1《グローアップ・バルブ》
3《D・Dクロウ》
2《エフェクト・ヴェーラー》

[魔法6枚]
1《ワン・フォー・ワン》
1《サイクロン》
1《大嵐》
1《洗脳―ブレインコントロール》
2《クロス・ソウル》

[罠6枚]
1《魔のデッキ破壊ウイルス》
3《水霊術―葵》
1《マインドクラッシュ》
1《ダスト・シュート》




死霊、魔デッキによりミラーや猫系にも多少有利になるかと思います

スポンサーサイト


( 2010.07.30 ) ( デッキ ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

>credoさん

初めまして。
圧縮とアドバンテージが鍵です。

鬼ガエル召喚効果→対象黄泉→鬼ガエル効果で自信を戻す
これだけでアドバンテージ1稼げます

鬼ガエルは好きなモンスターを手札に戻せるので毎ターン帝再利用も可能です

黄泉+1チューナーでフォーミュラも1枚のカードから容易に展開出来ます


一番強い形は魔知が2枚以上出ると相手は攻撃不可になりますので、ロックしながら帝を出せます

例を上げますと、モンスターが場にいる場合(141や洗脳でも可)

イレカエル召喚効果リリースイレカエル以外のモンスター→黄泉A→イレカエル効果黄泉Aリリース→黄泉B→イレカエル効果黄泉Bリリース→鬼A効果対象粋→イレカエル効果鬼Aリリース→鬼B効果対象イレカエルB→イレカエル効果鬼Bリリース→魔知A→鬼A除外粋特殊→イレカエル効果リリース粋→魔知B→鬼B除外粋特殊→イレカエル効果粋リリース→魔知C→イレカエル効果自身リリース→鬼C効果対象イレカエルC→鬼C効果自身戻す

これで二枚のカードから場に魔知ABC+鬼がハンド+黄泉が墓地に2枚あるのでアドバンテージは単純計算で4枚分得られます

圧縮も兼ねていますので帝を引く確率もかなり上がります

墓地にすでにガエルやカエルが数体存在する場合は応用して圧縮して下さい

( by : syelu * URL ) ( 08/02 - 20:26 ) ( 編集 )

はじめまして

カエル帝に興味があるんですが
回し方がいまいち(´・ω・`)

どうやって回すか
教えていただけないでしょうか

( by : credo * URL ) ( 07/31 - 04:26 ) ( 編集 )

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。