2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.06.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ライロミラーマッチやライロ対策

アンデライロもライロも今強いのですが、一番運要素が物凄く大きくなるのがミラーマッチ。


先攻とると有利すぎる



よって

先攻→どれだけぶんまわすか
後攻→どれだけぶんまわすか、どれだけ食い止めるかになります。


後攻なら間違いなく勝率は悪い



無理にぶんまわしにはぶんまわしで対抗しても、デッキの質の良さ、プレイングの良さを兼ね備えたプレイヤー相手だと、どのみち後攻はかなり不利

つまりライロミラーは先攻後攻で構築を変えるのが一番な気がします


構築バランスは考えないと仮定した場合の極端な例
先攻→誘惑2、貪欲3、ガロス3、ケルビム3、ウォルフ3、転生3など

後攻→つり天井3、コメディアン3、スキドレ3など

それを踏まえればサイドに何が必要なのか明確になると思います




ライロ以外のデッキでライロ対策をする場合は、
除外、除去、妨害の3つがあり、
ライロのタイプ、自分のデッキに合わせどれをどの程度優先するかによって勝率が変わります

妨害というのは弾圧、スキドレ、閃光ミラー、コアキメイル、ライオウ、割拠などの事です

例えば相手アンデライロ、こちら一般的な墓地BF
〔除外〕
○→コメディアン、クロウ
△→カイクウ、サイクルリーダー
×→裂け目

妨害に割拠を採用した場合、(墓地BFに割拠はあまりお勧めできませんが)カイクウは×になります。要は他のサイドカードとのバランスが重要になります


ただし除外系をたくさん入れたからといってもウォルフ大量に出て即死なら意味がありません



そこを考えれば戦えます





でかい大会も暫くないし、週末の公認はライロメタで頑張ります(^_^;)

スポンサーサイト


( 2009.10.15 ) ( 考察 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。