2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
強謙デメリット

強謙のデメリット



特殊召喚を軸にするデッキには入りにくいカード。


そして一番のデメリットは相手に確認される事。


めくった時、制限モンスター、嵐、激流とかだとしたら情報的に少々厄介。



つまり3積みが多い様なデッキではピンのカードが少ないので確認されてもデメリットを多少緩和できる(あくまでも期待値の話ですが)


・キーカードを出来るだけ早く引きたいデッキ


・ピン投入が比較的少なめで3積みが多いデッキ


・特殊召喚が少ないデッキ

ではかなり強いカードになります。


34枚のうち2枚めくれるなら強くないですが、34枚中3枚めくれるのは確率的にはかなり違うし強い。


事故の大幅軽減、キーカードの引く確率の増加、引き勝負や現在の状況を打破できるカードを引くための3枚からの選択。



数ターン後を予想して何を選択するか、デメリットをメリットとしてそれを見せ札とし相手を誘導するプレイングをするか


デッキは勿論選びますが、個人的にはネクガやキラスネの次位に好きなカードです。

スポンサーサイト


( 2010.04.26 ) ( 考察 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。