2011.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2011.11.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
サイド有り【死霊暗黒界】

デッキ枚数40枚

モンスター(16枚)
《暗黒界の龍神 グラファ》×3
《暗黒界の術師 スノウ》×3
《暗黒界の狩人 ブラウ》×3
《暗黒界の先兵 ページ》×2
《魔轟神レイヴン》×2
《メタモルポット》
《魂を削る死霊》×2

魔法(15枚)
《墓穴の道連れ》×3
《手札抹殺》
《死者蘇生》
《強欲で謙虚な壺》×3
《暗黒界の門》×3
《ブラック・ホール》
《暗黒界の雷》×2
《精神操作》

罠(9枚)
《奈落の落とし穴》×2
《神の警告》
《神の宣告》
《激流葬》
《次元幽閉》
《マインドクラッシュ》×2
《ダスト・シュート》


サイドデッキ(15枚)
《ライトロードハンター・ライコウ》×3
《sinスター・ダスト・ドラゴン》
《D・Dクロウ》
《サイクロン》×3
《大嵐》
《カオス・ソルジャーー開闢の使者》
《魔のデッキ破壊ウイルス》
《闇のデッキ破壊ウイルス》
《次元幽閉》
《連鎖除外》
《すっぱ抜き》



多少スイッチ気味の【暗黒界】です

・《ライトロードハンター・ライコウ》

墓地に暗黒界が存在しないと展開スピードが著しく落てしまう点、除外にシフトしたプランのサイドチェンジを採用さている可能性も考慮し光5枚+墓地肥やしにより今期最大のパワーカード《カオスソルジャーー開闢の使者ー》を出せる事や、ミラーマッチでは悪魔をいち早く落とす事が出き、《暗黒界の門》3枚を腐らせずに序盤から利用できるメリットがあります。

純粋にグラファ+開闢で1キルにもなりえますし、アームズエイド+開闢での1キルもワンチャンありますので【暗黒界】のサイドは《スノーマン・イーター》よりも個人的に評価しています。

《次元の裂け目》《王宮のお触れ》《血の代償》など(ミラーマッチでは一応暗黒界の門も)という強力な永続系カード群も《サイクロン》《大嵐》と重ねてケア出来るのはかなり評価出来ます。

ミラーマッチで《スキルドレイン》のサイドインは警戒する必要が無いですしね。

天使VS暗黒界では《精神操作》や《朱光の宣告者》辺りまで十中八九サイドアウトして来るでしょうし、天使VS天使より伏せモンスターを取られ効果を使用される可能性が低いです。


・《次元幽閉》>《聖なるバリアーミラーフォースー》

《ナチュル・ビースト》等が天敵である以上、それを意識するのであれば大差は無い事と、サイドチェンジ枠の確保とメインはやや不利であるミラー戦を意識した為です。


・《魂を削る死霊》

最近【暗黒界】が減ってきた事も追い風になるかと思います。

《魂を削る死霊》2枚採用により《強欲で謙虚な壷》3枚の構築なのでなるべく《聖なるバリア-ミラーフォース》を見られたくないという部分も一応は考慮しています。

2戦目次以降《強欲で謙虚な壷》使用《大嵐》セット(ハンデス系があれば直強いですが)《魂を削る死霊》セットエンドが個人的には攻守備えた好きな動きの1つです。

《暗黒界の雷》やグラファ効果でバックはかなり剥がせるので死霊ダイレクトが決まり易いですし《精神操作》を絡めればよりエクシーズやシンクロにも繋がり易いかと思います。

効果でついでに《ジェミナイ・デビル》が落ちれば儲け物です(笑)


・《精神操作》

TGの流行やグラファの強奪、スタダなどに対して《魔轟神レイヴン》と《精神操作》でシンクロ出来る《魔轟神レヴァタン》は必要だと思います。
流石に《魔轟神レイヴン》1枚構築では期待値が低いですが2~3枚の構築では回収効果も望めますので強いと思います。

スポンサーサイト

( 2011.10.17 ) ( デッキ ) ( COMMENT:1 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。