2010.12.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2011.02.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
【紹介】白い恋人

【紹介】白い恋人

yuki.jpg


雪の結晶が煌びやかで美しく、などという幻想的なイメージはあくまでもイメージに過ぎない極寒の地北海道。

去年は近年稀に見る全国的な猛暑となりその約3ヶ月後には30度以上の気温差を伴って初雪が降りました。


年明けも約一ヶ月に差し掛かろうとしており、果たして正月は本当に存在していたのだろうか?と不承不承な日々を過ごしております筆者のsyeluと申します。


環境的には恵まれていないこの土地でも気温とは相異なって非常に熱いものがあります。





『札幌チャンピオンシップ』
yama.jpg


この度紹介させて頂く事となった経緯としましては、札幌cs、北海道、そして非公認大会に対する思いを他の地域の方々にも知って貰いたいと思い、また遊戯王という共有点を持った方々に一個人として共感する部分もあるのではないかと思い執筆させて頂きました。


誠に恐縮ではございますが、少しでも何か感じ取って頂けたら大変光栄に思う所存であります。


そしてこの場をお借りして、「Duel Entrance」という素晴らしい掲載の場をご提供して頂いたFordさんに心底より感謝申し上げます。








TCGは大型大会が醍醐味の一つであると思います。


どんなに優れたシステム、画期的なアイデアが備わっていたとしてもTCGにはそれを持続させるプレイヤーのモチベーションが必要不可欠です。


同じ気持ちを持った方々とそれらを「共有」出来たとしたらどんなに嬉しい事か。


志しや理念は違うにしろ、そんな共通の趣味を持った方々の点と点を繋ぐ線―それが「大型非公認大会」だと考えています。










筆者は復帰プレイヤーの端くれです。


そもそものきっかけは復帰した月に全国各地で、そして札幌でも大規模且つ自主的な大会が開催されているとインターネットを通じて初めて認知しました。

引退した8年前は大規模な非公認大会というイベントは全国でも皆無でした。


あれば良いなと思っていましたが結局の所「願望」の域から抜け出す事は出来ませんでした。


主催を務めている今となっては以前にも増して忸怩たる思いがありますが、復帰したという事は何か強く引っ掛かる部分があったのだと思います。




復帰して早々に目を疑いました。そこには自分が「願望」としていた光景がある。


右も左もわからない自分を当然の如く受け入れて頂き、参加している方が目の前に沢山いる。







「変わったんだ。」


その衝撃は今も強く鮮明に覚えています。


気が付けはどんなに忙しくとも大会には必ず足を運んでおり、そして前主催者である黒王さんと交流する機会も日に日に増して行きました。


そんな流れがこれからも続けば良いなと思っていた矢先にいきなりやって来る。引退という現実。



筆者が関わって約1年、それまでに約2年の主催をされていた方が引退し、「北海道はこれからどうなるの?」という憂いを含んだ声も聞きました。





やるしかない。


全国最大規模の非公認大会「TCS」主催者であるTetsuさんの言葉通り誰かがやるでは何も始まら無い。



北海道という土地柄のせいか、人数的な課題や地理面での問題もあり大会初期は首が回らない状態でしたが、ここまで北海道が成長したという事実に、参加者の方に、スタッフの方に、前主催者に誠意を持って恩返しがしたい。


過去に募らせていた願望が現実としてここにあったのに、また行動に移さず終わってしまう事だけは何があっても絶対に避けたい。


また、自分が引退した理由に拠点としていた店が無くなってしまった部分も関与しているのではないかと思い「モチベーション」の重要さを再認識しました。


同じ趣味を共有している方達にモチベーションを損なわせたくない。


純粋にもっと大会を楽しんで欲しい。


カードを通じて人と人との触れ合いを大切にしたい。




それらが今期3回の札幌CSを主催した理由です。

kaderu1.jpg

kaderu2.jpg








もう一つ大会に関連性がある「公式の全国大会」について触れさせて頂きます。


TCGに関してここまでコナミは事業拡大している事に反して年に1度、且つ参加者を限定させているシステム。


筆者が引退前の全国大会は地区予選等が存在していました。


現在は「選考会」という名に変更されており多くの方々が疑問に思う方式となっています。


要因は明確ですが、ここまで非公認が盛んなTCGは異例中の異例であり、全国の非公認大会が昨今の遊戯王を背負っているとも直喩出来る現状です。


上記で述べた問題点がきっかけとなって各地の非公認大会の人気に拍車をかけているという見解もありますが、その部分もいつの日か良い方向に、より多くの方が納得出来る方式に改善されれば運営側の視点から見て大変嬉しく思います。


そんな現在の遊戯王の中核を担っている全国各地の非公認大会を、一主催者、一プレイヤーとして最北の地より心から応援したい。



―やれる事はやりたい



―何事にも妥協せずに全力を尽くしたい



asahi.jpg




もし北海道に足を運んだ際にはお気軽にご参加下さいませ。一同誠意を込め精一杯のおもてなしをさせて頂きます。




全国各地問わず大型非公認大会における更なる遊戯王活性化、より良い環境作りが出来ればと思いこれからも邁進して行きたいと思う所存で御座います。


syelu

スポンサーサイト

( 2011.01.30 ) ( 不定期遊戯王日記 ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。